2013年1月11日〜18日(ツアー6日間 +2延泊)
トラベル・旅行ページ
関西空港発〜ヘルシンキ空港経由ロヴァニエミ空港着〜ロヴァニエミ泊
ロヴァニエミ〜サールセルカ泊
サールセルカ滞在
サールセルカ〜イヴァロ空港〜ヘルシンキ空港〜ヘルシンキ泊
〜ポルヴォー〜ヘルシンキ滞在
ヘルシンキ滞在
ヘルシンキ空港発〜関西空港着
7〜8日目(1月17〜18日)
フィンランドの旅も最終日で夕方の便で帰国。空港が近いこともあり14時くらいまで市内に入れるので、ヘルシンキの南にある、カイヴォブイスト公園(Kaivopuisto)とやってきた。曇天の天気だが公園からの見た凍ったフィンランド湾の様子(左写真)。遠くに見えるクリーム色の建物は昨日に訪れた、スオメンリンナ島(Suomenlinna)の建物。氷柱の写真は、一休みしたカフェの窓ガラスで、ウルスラカフェ(Cafe Ursula)。このカフェは、映画「かもめ食堂」のロケ地になった場所のひとつだ。
カイヴォブイス公園の遊歩道からは、ヘルシンキから、ストックホルム(スウェーデン)、タリン(エストニア)、マリエハムン(オーランド)を結ぶフェリー、バイキングライン(Viking Line Ferries)が入港してきた。たぶん、朝に到着するストックホルムからの便だろう!海岸に並ぶ、大きなテーブルと木組みの柱!この時期には使われることはないが、夏時期に絨毯を洗い、干す場所とのこと(テレビで紹介されていた)。
昼前近くになり、海岸からヘルシンキ中央駅に向かう方向にあった教会と公園通り付近に来た時には、朝の曇天の天気とは真逆に青空が広がり、まぶしい日差しが差してきた。ヘルシンキ市内はトラムが充実していて、観光をするのにもってこいの交通機関だ。狭い街中、坂のある通りを走る姿も面白い。
ヘルシンキでの最後の食事は、映画「カモメ食堂」のモデル&ロケに使われた、その名「かもめ食堂」で昼食をとった。私が食べたのはミードボール(肉団子)で、クリームソースがかかっていて、甘酸っぱいベリージャムを付けて食べるのがフィンランドの家庭料理の一品!
ヘルシンキ中央駅から出ている、空港リムジンバスで、ヘルシンキ・ヴァンター国際空港(Helsinki-Vantaan lentoasema)へ到着。機内搭乗へ!外はすっかり暗く、再び雪が舞い気温が下がったため機体表面が凍結している。そのため出発が少し遅れた。左写真は凍結を溶かす&防止する液体を撒いている様子。 ※シートベルトサインが出る前、写真撮影可能な時間で撮影です。
おまけに、右写真は関西国際空港に到着する前、丁度、四国上空を通過、徳島県の鳴門海峡が眼下に見えたんで、思わず撮ったものだ。
トラベル・旅行日記
トラベル・旅行ページ