2013年1月11日〜18日(ツアー6日間 +2延泊)
トラベル・旅行ページ
関西空港発〜ヘルシンキ空港経由ロヴァニエミ空港着〜ロヴァニエミ泊
ロヴァニエミ〜サールセルカ泊
サールセルカ滞在
サールセルカ〜イヴァロ空港〜ヘルシンキ空港〜ヘルシンキ泊
〜ポルヴォー〜ヘルシンキ滞在
ヘルシンキ滞在
ヘルシンキ空港発〜関西空港着
3日目(1月13日)
ツアー3日目はサールセリカで連泊で、朝食後、町を散歩した。この日は雲り模様で、うっすらと明るい程度の天気だ。町はウインタースポーツが盛んなリゾートで、ホテルやロッジが多い。下左写真は、町から巡回バスを使ってスキー場のあるカウニスパーの丘へとやってきた。山頂には一軒のレストランと併設されたお土産屋があるだけで一面雪景色だ。そんな雪景色の中に昔の見張り台?展望台?がぽつりとあるだけ(下中写真)。下右写真は、カウニスパーの丘から見たサールセリカの町。時間は11時過ぎだが、やっと曇の切れ間から薄っすらと朝焼けが見え始めた。
昼食をここのレストハウスでのんびりと食べて、午後1時ごろ外に出たが、曇っているのもあり、外はすっかり暗くなってきてしまった。レストハウスの街灯が灯りだした。カウニスパーの丘から町への帰り道は、山頂から麓まで続く、そりを滑るゲレンデ通って下山!そりを滑るゲレンデといっても、歩く人はもちろんいるが、犬の散歩コースにもなっているのか(下左写真)!枝が雪に覆われ、重みで垂れ下がり、雪のしだれ桜に(下中写真)。カウニスパーの丘の頂上から麓まで歩いていく道、陽も暮れて、じょじょに暗くなってきた。街灯がないので早く帰らないと・・・!
サーリセリカ、2泊目の夜、昼間から空は厚い雲に覆われていたが、オプショナルのバスツアーで昨晩と同じオーロラポイントへ。着いたとき、空は雲に覆われオーロラが見る気配はない!山小屋でだんをとることに!しばらくしてから、ガイドさんとともに、山小屋から雪道を数分歩き、近くの湖に!湖は氷と雪に覆われ、今いる場所は湖の上!空を見上げていると雲が晴れ、上空高くにオーロラが出現!参加者みんなから歓声が!半分諦めムードだけに、このオーロラの出現には、みんな感激!写真中央付近に輝く星は北極星!上空の風が強いのか、雲の流れが速く、オーロラもみるみるうちに、流れるかのように位置をかえていった!今回のオーロラはカーテン状とまでは行きませんでしたが、現地のガイドさんが言うには、今年は暖かく、今季の中でかなり綺麗に見れた日のようでした!
トラベル・旅行日記トラベル・旅行日記
トラベル・旅行ページ